○ 家族について

● 鈴木亜美と私

○ モラトリアムからの脱出と手段について