2014-08-22 相談メールに回答する

相談のメールを20日に頂きました。
あんまり放置するのも申し訳ないのでご回答致します。

最初にお断りしておきますが、私は人生の負け組です。
負け組の助言など全く価値はないと思います。

しかし、「反面教師」という言葉がある通り、他人の失敗から学び同じ轍を踏まないように注意することもできると思う。
受け止め方は自由です。

以下が頂いた相談メールです。
(ブログのネタにして良い、ということですので、そのまま載せます)

--
派遣IT関連の検索をしていてこのブログにたどり着きました。
私は3月に大学を卒業して4月に今の会社(所謂人売りITです)に入社した者です。

面接時にOJTも研修もあると言われ、入社後のスケジュールを聞かされていましたが
いざ入社してみると研修とは名ばかりで専門書を渡されて放置(自社の人間に聞いても自分で調べろと一蹴)。
OJTもなく、既に一人で客先に出されています。
自社からは次の現場が決まらないと資格資格うるさく言われるのもうんざりしているのですが、一年目で転職するというのはやはり不利になるのでしょうか。

青猫様が同じ境遇にいたならば、どう行動されるかお答え頂ければと思います。
もっと詳しい状況をということであればお答えしますし、ブログのネタにして頂いても問題ありません。

お時間があるときにでもいいのでお答え頂ければと思います。
よろしくお願いします。
--


大学卒の1年目でしたら、すぐに辞めてIT派遣を除いて、転職先を探された方が良いと思います。
IT派遣は自社でも使い捨てですし、派遣先からは我々は業者なので、スキルが身に付かない雑用ばかりをやらされます。

昨今は景気が回復し、人不足が顕著ですので、新卒1年目という若さであれば、脱派遣で仕事が見つかるかもしれません。
仮に見つからなくても、IT派遣でしたら再就職は極めて容易です。
チャレンジする価値はあると思います。


IT派遣は給料はそこそこで良いから、社員よりも簡単で責任のない仕事がしたい。
派遣先が嫌だったら、職場を変えたい。

のような希望がない限りはやるメリットがありません。
気分的には、フリーターと正社員の中間のような感じです。


IT派遣は派遣先がコロコロ変わるので、一貫したキャリアが蓄積できません。
正社員でしたら、その会社に則した一貫したキャリアが積めると思います。
それにより、社内での立場を上げていくことも可能です。

IT派遣は使い捨てです。
基本的に昇進はありませんし、年収も400万円台が上限でしょう。
年齢が高くなると受け入れてくれる派遣先がなくなるため、事実上、40歳くらいが限界だと思います。


双方に、メリット、デメリットがありますが、「まともな人生」を望むのでしたら、普通の正社員を探された方が良いと思います。

[写真/webclap]14拍手  コメント(0)

   にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間日記へ にほんブログ村 ひとりぼっち日記

2014-08-16 インド旅の終わり

インディラ・ガンディー空港で飛行機を待っている。
あと数時間もすればインドを離れるのだ。


前代未聞の弾丸スケジュールのインド旅は本当にあっという間に終わった。

時間がないため、まだ日も明けぬうちに起床する。
夜明けと共に観光地を大汗をかきながらひたすら巡るのだ。

そして、昼食を食べ、次の都市に移動する。
ホテルに着くと疲労感からすぐに眠ってしまう。

そして、また夜明け前に起きる。
その繰り返し。


「インドに行くと人生感が変わる」
とは良く聞く話だが、著名な観光地を巡るだけでは何も変わらない。


たった数日間のみ訪れる外国人についてはインドもやはりよそよそしく、我々は客人として扱われるだけだ。
それでは、インドの本質は全く見えてこないんだと思う。

今回の旅でインドを数日間、体験したが、俺は多分、インドのことを5%も理解できなかったんじゃないかな。

ともあれ、インドは思ったよりも治安は良かったです。
夜間にカメラをぶら下げて街を徘徊しても、全く問題はない。

読者のみなさんも良かったら、どうぞ。



インドぼっち旅(8月12日)
*続きは後日書きます。

[写真/webclap]13拍手  コメント(6)

   にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間日記へ にほんブログ村 ひとりぼっち日記

2014-08-12 インドぼっち旅(8月11日)

今朝は朝8時に起きた。
今日からの弾丸スケジュールに備えてゆっくり寝ていたかったのだが、習慣でどうしても早く目が覚めてしまう。

昨日、せっかく荷詰めしたバックパックから全部取り出し、もう一度、忘れ物がないことをチェックする。
大丈夫だ。
問題ない。


時間は午前10時。
飛行機は18時なので、急ぐこともない。

しかし、どうにも落ち着かないよ。

大分、早いが出発しよう。
成田空港を探索しながらインドに思いを馳せればいい。


インドぼっち旅(8月11日)

[写真/webclap]12拍手  コメント(7)

   にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間日記へ にほんブログ村 ひとりぼっち日記

2014-08-10 あとは旅に出るだけ

昨日、読者ののくぞうさんがケンウッドのスピーカーを私に視聴させるため、わざわざ地元まで起こし頂いた。
ケンウッドのスピーカーは確かに素晴らしかった。

俺が前に乗っていた、ランサーセディアだったら、音質の圧倒的な違いから買い替えたと思う。
しかし、RVRはそこそこ良い音がするようで、確かにケンウッドの方が素晴らしいが、何万円も出して、買い替えるのはもったいなかったので、今回は見送ることした。
のくぞうさん、どうもありがとうございました。


今日は台風の影響で朝から強い雨が降っていた。
前にも書いたが明日からのスケジュールはかなり厳しいことになる。
準備は過不足なく万端で出発したい。

先ほど、そそくさと旅に持っていくものをバックパックに詰め込んだ。
忘れ物がないか念のため、出発前にもう一度確認しよう。

【必須】
・パスポート
・ビザ
・Eチケットの控え
・観光雑誌
・ボディバッグ
・財布(カードは一枚だけにして、他は持っていかない。)

【着替え】
・下着(パンツ、Tシャツ、靴下を5セット)
・ジーンズ
・シャツ

【アメニティグッズ】
・シャンプー
・歯ブラシ
・歯磨き粉
・髭剃り
・フェイシャルシート

【電化製品】
・変換プラグ
・ドライヤー
・iphone
・iphoneの充電器
・一眼レフ
・一眼レフの充電器
・カメラのクリーニングキット
・予備のSDカード
・ノートPC
・ノートPCの予備バッテリー


[写真/webclap]9拍手  コメント(6)

   にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間日記へ にほんブログ村 ひとりぼっち日記

2014-08-03 インド旅の準備を進める

考えれば考えるほど、インド旅行のスケジュールが過密なものになってくる。
やっぱり5日間で3都市を巡るのは余裕がなさすぎるね。

5日間と書いたけど、移動を除くと実質、観光ができるのは3日しかないんだよ。
その3日間に15万円くらいの金をつぎ込むんだから、いかに海外旅行が贅沢なものだか痛感するよ。


スケジュールは次のようになっている。

8月11日(月)18:50 成田発 -> デリー 0:10 到着
8月12日(火)13:00 デリー -> アグラ 20:00 到着
8月13日(水)13:00 アグラ -> ジャイプール 20:00到着
8月14日(木)13:00 ジャイプール -> デリー 20:00到着
8月15日(金)01:30 デリー発 -> 成田 13:20 到着


これを見ても分かる通り、日中に観光できるのは日の出から出発までの間だけなのだ。

各観光施設は日の出から営業開始なので、8月のインドの日の出時間を調べたところ、およそ5時からの営業になる。
つまり、どんなに早起きしても5時から13時までの8時間しか観光できないということだ。

とは言っても早朝から観光していると、午後には暑さでバテてくると思うので、丁度良いかもしれない。


各都市では次のところに行きたい。

デリー
→ ラール・キラー
→ フマユーン廟
→ インド門

アグラ
→ タージ・マハール
→ アグラ城

ジャイプール
→ パワー・マハール
→ アンベール城


GWの東南アジアぼっち旅のときに携帯電話が使えなくて不便だった。

国内のキャリアでも海外データ通信が定額になるサービスがあるんだけど、一日あたり2980円もする。
とてもじゃないがこれでは高すぎて使えない。

やはり海外でネットをするなら、海外でsimカードを現地調達するのが一番安い。
そのためには、simフリーのスマホを持っていく必要がある。

俺は使っていないGALAXY NOTEを持っているが、これはsimロックがかかっているので、そのままでは使えない。
調べたところ、docomoショップに持っていて、3000円程度の手数料を支払えば、simロックを解除して貰えるということだ。

手はあるもんだね。
この間の東南アジアぼっち旅のときにも活用すれば良かったよ。

これから、docomoショップに行ってsimロックを解除して貰う。

(追加)
docomoショップでsimロックを解除してきた。
国内の格安simについて調べたら、通話と1GByteのデータ通信付きで1580円というプランもあるんだね。

U-mobile 通話プラス

携帯電話なんてコレで十分な気がしてきたよ。

[写真/webclap]9拍手  コメント(20)

   にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間日記へ にほんブログ村 ひとりぼっち日記

2014-07-29 平日は普通の日記

日曜日。
髪が伸びて鬱陶しかったので、床屋に髪を切りに行き、その足で映画館に行った。
ジブリの新作「思い出のマーニー」を見るためだ。

主人公の女の子は孤独な少女だった。
両親を小さい頃に亡くし、育ての親が自分を育てるための費用を役所から貰っていることを悩んでいた。
クラスメートを境界の内側、自分は境界の外側と考え、心を閉ざしてる寡黙な少女だ。

今までのジブリ作品にはありえない陰鬱とした展開で物語は始まる。

その主人公が不思議な少女マーニーと出会うことで少しずつ変わっていく様子が描かれている。


あとはネタバレになるで言わないが、近年のジブリ作品で最高傑作だと思う。
ぜひ見てみるといいよ。



仕事の方は平穏な感じある。
7月からはWebアプリの担当になり、毎日、javaとjspを書いている。
特別、日記に書くこともない。


この間、買ったクルマなんだけど、やっぱりスピーカーを交換しようと思っている。
取り付けは近所の藤沢市にプロショップがあるので、そこにお願いしようと思っている。

http://members.jcom.home.ne.jp/shinwafactory/

上記のショップなんだけど、ここのセット価格になっているどれかにするよ。
多分、ケンウッドのXS1700かパイオニアのC1720Aにすると思う。



早いもので再来週は夏休みなんだね。
GWから夏休みまではすごく早いよ。

そろそろインド旅行でどこに行くか決めないといけない。

今回のインド旅行は5日間と短い。
その短期間でデリー、アグラ、ジャイプールと3都市を巡るのでかなり弾丸スケジュールなのだ。

本当は夏休みをフルに使ってもっとゆっくりとした滞在にしたかったんだけど、お盆の時期は飛行機に空きがなく、例え残っていてもお盆の時期の土日はめちゃくちゃ高いので、このような強硬スケジュールになってしまった。

今回も都市間の移動が長いので、そのときにリアルタイムで旅日記を書こうと思っている。
良かったら見てね。

[写真/webclap]17拍手  コメント(16)

   にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間日記へ にほんブログ村 ひとりぼっち日記

2014-07-24 オギクボオフ(残りは面倒なのでエピソードを)

オフ会日記を書かずに放置してしまった。
やっぱりレポート系は熱いうちに書かないと、とたんに面倒くさくなる。

他の人が詳細なオフレポを書いているので、もう良いかな、適当で。


海老名サービスエリアによって名物のメロンパンを食べました。
おいしかったです。

三重県のイオンでオギクボ師匠と合流しました。
オギクボさんに会えて嬉しかったです。わーい。

そのあとは、キャンプ場に行ってみんなでバーベキューをしました。
お肉やRYOUさんが持ってきてくれた貝を食べました。
おいしかったです

次の日には帰りましたが、雨が降っていたので、大変でした。
おわり。



さすがにこれじゃあ、ダメかな。
オフ会のときに河井さんが「みんなのオフレポを読むのが楽しみなんですよ。」と言っていたので、印象に残ったエピソードだけを書こうと思う。
時系列に書くと長くなりすぎるしね。



■海老名のサービスエリアで迷子になった人がいた
サービスエリアの建物の正面に駐車して、しかも真正面に「車中泊マット」の宣伝カーが止まっていているという目印もあったのに、戻ってこれない人がいた。
わナンバー、アルファード、宣伝カー、建物の正面、これだけの条件がそろっているのに迷子になるなんて考えられない、と思った。

■台風のような大雨が降った
行きも帰りも台風のような大雨が降った。
東名高速は50Kmに制限され、いつぞやのときのように高速道路が封鎖されたらどうしようかと思った。
しかし、バーベキューの最中は雨が止み天候に恵まれたので、救われた。


■オギクボ師匠と心の闇を語り合うことができなかった
失礼を承知で言うけど、誇張でも何でもなく、人生がゴミなのはたくさんのブロガーがいる中で俺と師匠ではないかと思っている。
実家に毎月、10万円以上の金を取られ、会社でもプライベートでも誰からも必要とされず、これまでも、そしてこれからも薄暗くて、カビ臭い匂いが漂う暗渠の水路をトボトボと人生の終焉に向けて歩き続ける未来が待っているのは、私と師匠ではないかと思っている。

自分の人生にいくら諦めを強いて、一時は心に安らぎを得られても、楽しそうに道行く家族連れやカップルを見ては、自分との違いに絶望し、嫉妬し、仮初の達観なんて一瞬のうちに吹っ飛んでしまって、自分を拒否する世界そのものを憎んでしまう。

憎悪や嫉妬、後悔や焦燥といった負の感情で心がいっぱいになり、自分自身に嫌悪し、生きていることすら無意味に思えてくる。

俺はオギクボさんにあったら、自分の人生がいかに無意味で下らないものかを話そうと思っていたが、楽しそうなオフ会の最中、そんな暗い話なんてできる訳がなかった。


■人生で初めて伊勢海老を食べた
RYOUさんが伊勢海老やアワビ、サザエなどの高級食材を持ってきてくれた。
アワビはとても大きく、観光地の屋台で買うとそれだけでひとつ800円くらいはするものだと思う。
なによりも、伊勢海老は初めて食べたので、味は元より感動はひとしおだった。


■シャワーもトイレもない
シャワーが19時までしか使えず、風呂なしで眠ることなった。
雨のため気温が涼しかったので、そんなに汗をかかなかったのが唯一の救いだと思う。
トイレもなかったが、近くに小川が流れていたので、男性陣はそこで用を足せたので良かった。


■コミュ障を発症した
俺は人見知りをする。
物心がついたときからで33歳になる今でも全く改善していない。
事前にskypeで話したり、ブログを読んでいる方はまだ良かったのだが、現地組の全く知らない人とは全然、会話をしなかった。


■経験不足と準備不足
買い忘れ多すぎて、かなさんとRYOUさん抜きではオフ会が成立しないほどの有様だった。

焼肉のたれ、着火剤、箸、肉を焼く網、洗剤、お手拭き、キッチンペーパー。

思い出せる範囲でも、これだけのものを買い忘れている。
驚いたことに、ダメブロガーが買い忘れたものを、非ダメブロガーのRYOUさんとかなさんが頼んでもいないのに持ってきてくれたことだ。
この方々の気遣いによって、ダメオフは無事、成立したと言える。


こんなところかな。
今日はこのあと、会社があまりにも暑いので、扇風機を買って、映画を見に行こうと思っている。


他のエピソードは思い出したら書くね。

[写真/webclap]17拍手  コメント(12)

   にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間日記へ にほんブログ村 ひとりぼっち日記

2014-07-21 オギクボオフ(3連休初日は大渋滞)

前日は結局、4時間くらいしか眠れなかった。


5時59分の電車に乗る。
空はどんより曇っているが、涼しく、お出かけにはもってこいの陽気だった。


予定通り、7時18分に東京駅に到着して、待ち合わせ場所に向かう。
参加者のだお影さんとは、前に俺の地元でオフ会をしたので、迷うことなく合流できた。


だお影さん、timuguriさん、Cさんと待つこと数分、トヨタのアルファードが僕らの前にやってきた。
リーダーである河井さんの登場である。


「よく来たね。乗りなよ。」

噂に聞いていた通りの爽やか風貌で僕らに乗車を促す。
俺はただただ恐縮して「あ、はい」と答えるのが精いっぱいだった。


僭越ながら、助手席に座らせてもらい、一路、オギクボ師匠の待つ三重県に向かって出発した。


河井さんはスポーティーな性格なので、アルファードのギアをマニュアルモードして、高回転域を駆使して運転されていた。
しかし、長旅になる故、頻繁なギアのチェンジはお疲れなりお体に障るかもしれないと考えたので、「D(ドライブ)に入れて運転されては如何でしょうか?」と僭越ながらも提案させて頂いた。

河井さんは広い御心で私の不躾な進言を快く受け入れてくれた。



河井さんはとてもお優しい方だった。

目的地とは反対方向なのにも関わらず、首都高台場線の方に向かい、レインボーブリッジやフジテレビを見せてくれた。
田舎から出てきた我々に対する心意気だと思う。
首都東京の目覚ましい発展を僕らに感じとって欲しい。
そして日本のますますは発展は僕ら労働者の頑張りにかかっているんだ、ということを自覚して欲しい。

河井さんはあえて口には出さなかったのだと思うが、その意図は俺には十分、伝わった。


混雑する首都高を抜けて、東名に入ったが、東京料金所から早速、渋滞していた。
空はますます暗くなり、次第に雨も降ってきた。


「もしかしたら、間に合わないかも。」

俺は漠然とそんなことを考えていた。


(続く)

[写真/webclap]14拍手  コメント(11)

   にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間日記へ にほんブログ村 ひとりぼっち日記

2014-07-16 大した貯金もない

何を生きがいにするかは個人の勝手なんじゃないかな。

預金口座の残高が積み重なっていくことに生きがいを感じることは全く悪くないと思う。
でも、俺は長期連休のときに旅行に行ったり、欲しい!と思ったものを直ぐに手に入れたりできることに喜びを感じるよ。

自分で稼いだ金をどのように使おうが、他人から批判される筋合いはないと思うけどね。



今週末はオギクボオフという一大イベントがある。
これは都内某所にダメブロガーが参集して、レンタカーに相乗りし、ダメブロガー界に明星の如く輝くオギクボ氏に会いに行く、というイベントである。

三重県への直接参加組はオギクボさんだけでなく、オギクボさんの読者数名やRYOUさんも来られるので、参加者は10名程度になる予定だ。


俺の人生を振り返っても、プライベートで4人以上と行動する、というのは初めての経験である。
当日の集合時間は7時半なのであるが、6時の電車に乗らないといけないので、かなり朝は忙しないことになる。


今になっても結局、何も準備をしていない。

寝袋を買おうと思ったが、一回しか使わないのでもったいないし、多分、寝袋は暑いと思い、結局、買わなかった。
代わりに車中泊で使っている折りたたみ式のマットとタオルケットと枕をバックパックに入れて持って行こうかな、と思っている。


当日に持っていくものをメモしよう。


・折りたたみ式マット
・タオルケット
・枕
・髭剃り
・歯ブラシ
・シャンプー
・iphoneの充電器
・ETCカード
・ドライヤー
・ノートパソコン
・着替え


こんなもんかな。
今回は観光目的ではないので、カメラはいらないよな。

ブログ更新用にノートパソコンも持っていこうと思うけど、もしかしたら使わないかもしれない。

明日あたりに準備を済ませてしまおう。

[写真/webclap]15拍手  コメント(12)

   にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間日記へ にほんブログ村 ひとりぼっち日記

2014-07-13 トヨタのお店で三菱を買う

まさに夏本番という感じの炎天下の中、昨日は中古車巡りをしてきた。


まず最初に訪れたのは、小さな中古車販売店。
そこに展示されていたのは、21年式のスバルのレガシー・アウトバックだ。
コンパクトSUVではないので車体が大きく、価格は159万円で若干、予算オーバーである。
迫力のあるデザインで格好良かった。


次は日産の中古車センター。
ここに展示されていたのは、22年式の日産ジューク。
奇抜なデザインが目を引く。
燃費がリッター18Kmと良く、販売店は日産の中古車センターなので、信頼できそうだ。
130万円。


最後に訪れたのは、トヨタの中古車センター。
目当てはトヨタ車ではなく、三菱の22年式RVRだ。
デザインは好みだけど、安いグレードなのでフォグランプが付いていない。
170cm以上のフルフラットになるスペースを確保できるのが魅力だ。
価格は125万円。


「トヨタの販売店なので、他社さんのおクルマは安くしているんですよ。お得ですよ。」
というセールストークにも促され、さらに3年保証も付いているので、安心感が違う。
悩んだ末、三菱のRVRを買った。


印鑑証明などの必要書類をすぐに提出すれば、さ来週には納車できるそうだ。
今から楽しみだよ。

ランサーセディアは走行距離が4.8万kmのときに購入して、今が9.2万Kmなので、3年間で4.4万Km走ったことになる。
みちのく一人旅や紀伊半島ひとり旅、信州ひとり旅と大活躍してくれたので、感謝の気持ちでいっぱいといった感じだよ。


次のクルマがきたらスピーカーを少しだけ良いものに交換しようと思っている。
俺は移動中、ずっと音楽を聞いていているんだけど、純正スピーカーの音の悪さにはいつもガッカリしていたのだ。


今、午前9時。
今日は何をして過ごそうか。

[写真/webclap]15拍手  コメント(13)

   にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間日記へ にほんブログ村 ひとりぼっち日記

2014-07-11 クルマがボロすぎて困る

来週は仕事への態度を改めようと思う。

今週の後半は主な仕事がなく、他人の雑用ばかりやらされていた。
俺はそういう単調な雑用をやらされると、すごく不愉快な気分になるんだよね。


昔、ガスの充填工場で仕事をしていたことがあるんだけど、朝から晩までボンベにガスを積めるだけの作業で、とにかく単調で毎日、毎日、イライラして仕方がなかった。

考え方を変えれば、単調な作業は楽で良いと思うはずなんだけど、どうしてか俺の場合は、単調な作業が続くと無性にイライラしてくる癖がある。

今日はうっかり口が滑ってしまい、派遣先の社員にキツイ言い方をしてしまった。

「青猫さん、この仕事をやって貰えますか?」
「いいですけど、手順書はありますか?」
「いや、メモくらいしかないです。」
「結果はどうなればいいですか?」
「とりあえず時間がないので、進めて貰ってもいいですか? 詳しくは後で連絡します。」
「意味が分かんないです。手順も期待値も曖昧だと要領を得ないし、進めようがないんだけど。もっとマシな仕事の振り方をしてくださいよ。」


俺は業者で相手はお客さんなので、今回の対応はさすがに失敗したな、と帰宅した今でも反省している。


今年は脱コミュ障を目標に掲げているので、志を貫かないといけない。

相手の立場になって受け答えをしよう。
来週は今日のような対応は絶対に止めようと思う。

いつもニコニコ笑顔で。
言うのは簡単だけど、実行するのは凄まじく難しいよ。




クルマを買おうと思っている。

3年前に総額33万円で買ったランサーセディアだけど、さすがにボロすぎる。
窓枠のゴムの部分は劣化して浮き上がってくるし、雨よけのために付いているサイドバイザーは雨漏りしている。
ヘッドライトは黄色くなり、塗装は禿げてきた。
エンジンも不調でエンストしそうになると回転数が勝手あがるので、バックしているときに症状が出ると急に加速するので危ない。
この間なんか、信号待ちをしていたらアイドリングが不安定になり、ブゥン!ブゥン!ブゥン!と3回くらい勝手に煽って回復を試みていたけど、結局ダメでエンストしてしまった。
オイル下がりもしており、アクセルを強く踏みこむと白煙がでる有様だ。


予算は150万円くらいで考えている。

フェアレディZやスカイラインのクーペを買おうと思ったけど、150万円の予算だと、年式が古くなってしまうし、3500ccもの排気量は維持費が大変だと思う。

それでも、趣味として考えれば悪くないかもしれないが、フルフラットにならないと車中泊でのひとり旅ができなくなり、肝心の趣味を捨てることになってしまうので、スポーツカーは止めることにした。

考えた末、コンパクトSUVにしようと思う。
コンパクトSUVなら150万円出せば、5年落ちくらいのクルマが買えるし、フルフラットになるので、車中泊もできる。

ネットで調べて目星は付けてあるので、明日は中古車屋をまわり、契約してこようと思う。

[写真/webclap]15拍手  コメント(6)

   にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間日記へ にほんブログ村 ひとりぼっち日記

2014-07-06 サトダイの生存確認に行ってきた

まずは金曜日の飲み会の話を書こうと思う。

定時後にもたもたしていたら、居酒屋に着くのが遅れてしまったので、狙っていたコミュ障さんの近くは既に埋まっていた。
それならば協力会社の人達のそばに行こうと思ったが、そこも空いていない。
結局、派遣先の社員に囲まれるような座席になってしまった。


話題と言えば、家族や住宅、昇進や転勤の話が多かった。
身に付けているロレックスやらオメガの時計を見せ合い、うんちくを語ったりもしていた。


俺は全く話題に付いていけず、ただただ「へぇー」とか「すごいですねー」などと適当な相槌を打つことだけで精いっぱいで、テーブルの下の隠した携帯電話で時計ばかり気にしていた。

70万円くらいするらしいロレックスの時計を見せて貰ったけど、その輝きは宝石のようだったよ。



翌日。
午前10時の映画祭でチャイナタウンという映画を見た。
評価の高い名画のようだが、起伏のない単調なストーリー展開は終始退屈だった。

あまりにも退屈なので、今年に入ってからこれを超えるつまらない映画を見たことがあったかな、と考えを巡らせてみたが、思いつかないほどだったよ。



映画が終わったあと、サトダイに電話をかけてみた。
「お客様のご都合により・・」と決まり切った自動案内が流れる。

心配だったので、様子を見に行くことにした。


サトダイのアパートに到着したが、雨戸は閉められていた。
インターホンを押しても鳴らず、ドアをノックする。
返事がないので、何度が呼びかけると、サトダイが出てきた。


「死んだと思ったよ。」
「いや、どうにか生きているよ。」

サトダイは生気のない声で答えた。

「電話がずっと繋がらないから、様子を見に来たんだよ。」
「今、止められているんだ。」
「どうして?」
「GWがあったろ、あと体調を壊して、何日か休んだから、金がなくて払えないんだよ。」
「そんなに金がないの?」
「6月は手取りで7万くらいしかなくて、家賃を払ったら金が全然、ないんだよ。」

サトダイの姿を見ると、シャツは色あせてしわくちゃになり、ズボンにも汚れが付いており、ほとんどホームレスのようだった。
「ガスも水道も止まっているんだよ。」

サトダイは信じられないことを口にした。

「どうやって洗濯しているの?」
「近くに公園があるから、そこで水を汲んできて洗濯しているんだよ。」


その後、近くの定食屋に移動したが、サトダイはそれぞれ100円の目玉焼きと納豆しか注文しなかった。

俺は想像していたよりも遥かに悲惨なサトダイの生活を目の当たりにして、哀れに思った。

有給を使ってもっと給料の良いところに転職できないのか、タバコを止めて生活費にあてたらどうか、などと提案してみたが、サトダイは「いや、無理だよ。」と力なく答えるばかりで、その様子は希望を完全に捨てて、死を待つばかりの病人にしか見えなかった。

[写真/webclap]13拍手  コメント(27)

   にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間日記へ にほんブログ村 ひとりぼっち日記

2014-07-03 33歳の扉が開いた

毎年、一枚、そして一枚と新しい扉を開く。
今度こそ、扉の向こうには新しい世界が広がっているはずだ。
期待に心を躍らせて扉を開く。
しかし、扉の向こうには見慣れたいつもの世界が広がるばかりだ。

いや、同じではない。
天を仰げば、頭上にあった太陽は、いまはもう斜陽なのだ。
残された時間は確実に少なくなっている。
そのことを意識せざるを得ない。


でも、今年は少しは進展はあったと思う。
去年までは十数年以上、誕生日を誰からも祝って貰えなかったけど、今年はskypeを通じて多数の人にお祝いのメッセージを頂いた。
それでけでも今年は去年と少し違うのかもしれない。

明日行けば、また休みだ。
なんか一週間がすごく早いよ。
群馬ぼっち旅をしたのが昨日のように感じる。

今週の土日はどうしようかな。



明日は派遣先の飲み会がある。
前回の飲み会のときは、派遣先の社員が高校生のときから付き合っている彼女の話を聞かされて最低の気分を味わった。

明日は劣等感をできるだけ味合わないように座席を吟味しなくてはいけない。
4月から派遣されたきた人で、コミュ障っぽい人がいるので、その人の隣を狙っていこうと思う。


リア充には接近しすぎないように気を付けよう。
リア充の後光は日陰を歩いてきた俺には眩しすぎて、その輝きによって自分の醜態が白日の下に晒された気分になり、わーっと叫んでくるくる駆けずり回りたくなる衝動になることは必至だと思う。


高速の休日半額割引もなくなってしまったし、ぼっち旅をするにも厳しい状況だよ。

[写真/webclap]14拍手  コメント(8)

   にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間日記へ にほんブログ村 ひとりぼっち日記

2014-07-01 定退日は家に帰ってからが忙しい

ストレスで不愉快な気分で帰宅したときは、よくジャズを聞く。

月曜日は定退日なんだけど、仕事の量は多いので、とても定時内に片付かない。
ソフトウェアを作るためにには、汎用的な知識とその業務固有の知識が必要なんだけど、どうしても間に合わないときは、汎用性の高いものを自宅で調べている。


俺の席の後ろの島は何をやっているかは分からないんだけど、かなり暇な部署のようでお菓子を食べながら終始、雑談ばかりしている。
時間に追われて、あとは自宅で調べようかどうか考えているときに、「このお菓子すごいよ!」、「えー、なになに?」のような会話が聞こえてくると俺は正直なところ不愉快な気分になるよ。


不愉快な思いを抱えて疲れて帰宅する。
そんなとき、よく俺はジャズを聞くのだ。

オスカー・ピーターソンの奏でる軽快で美しい旋律に耳を澄ませると、不愉快な気分も多少はマシになり、しょうがないから仕事の続きに取りかかろうかな、という気分になる。


日曜日の群馬ぼっち旅の日記を書いたので、良かったら見てね。


群馬県ぼっち旅

旅をするようになって物理的には色々なところを訪れて、世界が広がったような気がするんだけど、それは錯覚だと思う。
俺は自分の心が傷つかない安全地帯の中で右往左往しているだけで、心は相変わらず同じところに留まったままだ。

心の旅をしないといけない。
物理的な場所ではなく俺の心に広がる未踏の大地に。

(追加)
RYOUさんが興味深い婚活レポを前回に日記に投稿してくれたので、読んでみると良いよ。
俺の日記よりも面白いと思うしね。

[写真/webclap]19拍手  コメント(7)

   にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間日記へ にほんブログ村 ひとりぼっち日記

過去ログ

Syndicate this site (XML)