スポンサード リンク

2017-08-07 精神障害

昨日は毎月恒例の映画鑑賞会をもんきちさん、ちむぐりさんと開催してきた。
しかし、お二方には申し訳なかったのだが体調が悪くて仕方がなかったよ。

腹痛と右胸あたりの痛みがあり、それと同時に呼吸まで苦しい気がして、キャンセルしようかどうか考えたんだけど、映画鑑賞もできないようであれば明後日からの海外旅行は無理なので、体調を見極めるためにも参加してきた。

映画は20センチュリーウーマンを見たんだけど、正直なところ意味不明だった。
いつも映画を見終わった後に点数を付けるんだけど、今回は採点不能とさせて頂いたよ。

主人公の少年との関わり合いを通じて、それぞれの女性たちの人生を描く、という内容だったんだけど、アメリカと日本の文化はかけ離れているし、描かれている70年代の時代背景にも純日本人の俺からしてみれば懐かしさ全くなく、それでいて音楽にも思い入れがなく、登場人物の考え方も含めて、何一つ共感できる要素がなかった。

これは決して映画が悪いのではなく、俺自身の問題であることを強調しておきたい。
つまり、人生の希薄さ故、俺自身がこの映画を理解できるレベルに達していないことが最大の問題であった。

単純明快なアクション映画なら良いんだけど、起承転結がない漠然としたヒューマンドラマだと時々、このような問題が起こる。
それは、人生経験の少なさ、とりわけ女性関係においては、俺自身の理解が遠く及ばず、映画の味わいが全く分からない。


映画の後、居酒屋で酒を飲んでいると、酔いも手伝って体調は少しは回復してくるんだけど、醒めた頃は、また不調になった。
今日は仕事中にネットで調べた夜間も空いている病院に行き、胸部のレントゲンを撮って貰った。

これは、右胸の痛さと呼吸の苦しさの原因がもしかしたら気胸ではないか、という恐怖があったためだ。
もしもそうであったなら飛行機なんて乗った日には肺は一気に潰れてしまう。

結果、気胸ではなく、喘息でもなかった。
医者の話では、2週間前の高熱の影響かもね、と言っていた。
または、精神的なものが関係しているかもしれないらしい。

この体調不良が精神的なものではないか、と言われると甚だ疑問だが、遂に恐れていた精神疾患を患う日も遠くないかもしれない。

コメント(3)

コメント一覧

1. patyu-ka  2017-08-08 21:26:21 [編集] [削除]

もう貴方は手遅れです。英語の勉強なんかしたって時間の無駄です。可愛い子供にも一生会えず哀れな中年まっしぐらでしょう。

もう貴方は手遅れです。英語の勉強なんかしたって時間の無駄です。可愛い子供にも一生会えず哀れな中年まっしぐらでしょう。

2. ぶん  2017-08-09 12:00:49 [編集] [削除]

うつ病やパニック障害は、極度の不安感からくる息苦しさがあります。私もこの間まで悩まされていました。病院へ行くのに抵抗があるかも知れないけれど診断を受けて薬を飲むことで、かなり抑えられますよ。

うつ病やパニック障害は、極度の不安感からくる息苦しさがあります。私もこの間まで悩まされていました。病院へ行くのに抵抗があるかも知れないけれど診断を受けて薬を飲むことで、かなり抑えられますよ。

3. 案山子  2017-08-09 21:13:00 [編集] [削除]

映画20センチュリーウーマン

自分も観ました。

よく覚えていません。

そんな映画です。

好みの問題や個人の価値観の問題でしょうか。

お体ご自愛ください。

映画20センチュリーウーマン

自分も観ました。

よく覚えていません。

そんな映画です。

好みの問題や個人の価値観の問題でしょうか。

お体ご自愛ください。
にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりぼっち日記へ

コメントする

新規コメント投稿
名前
メールアドレス
URL
パスワード(*1)
本文

 (*1) パスワードを入力すると、あとでコメントの編集や削除ができます。