スポンサード リンク

2017-12-31 廃墟の休日

Amazonビデオに廃墟の休日という番組があって、気に入っている。
俺はね、多分、朽ち果てているものが好きなんだよね。

だから旅行でも遺跡ばかり観光している。
アンコールワットやバガンといった世界的な遺跡も悪くないんだけど、本当のことを言うと、もっと生活感を肌で感じることができる廃墟に惹かれる。
有名な遺跡は宗教や王族のものばかりでイマイチ、親近感を持てないからね。
しかし、ここ50年くらいの廃墟であれば、そこに行き交った人々の姿まで想像することができる。
落ちた天井も褪せた塗装も、割れたガラスも賑わってころの面影を感じられる。
それがね、廃墟の魅力なんだよな。


Highslide JS


まずは真栄原社交街へ。
ここは昔、置屋街になっていたんだけど、沖縄県の地域浄化で姿を消した。
知らない人のために説明すると置屋というのは、女を買うところね。
昔は横浜の黄金町や町田にもあったらしい。


Highslide JS


今はほとんど空き家になっているんだけど、生活感のある部屋もあるので、住んでいる人もいるみたい。


Highslide JS


日本にはこの手の風俗は残ってないね。
大阪に飛田新地があるけど、あれは煌びやかでちょっと置屋とは違うよな。
有名なのはシンガポールのゲイランだね。
政府公認だから規模も大きくすごいらしいよ。
来年はぜひシンガポールに訪れて、実際にこの目で見てみたいものだね。


Highslide JS


次は中城高原ホテルへ。
世界遺産の中城城跡の敷地内にあるので、非常にアクセスし易い廃墟。


Highslide JS


コンクリートなので、外観はしっかりしているんだけど、中はボロボロ。


Highslide JS


ここは浴室だろうか、または厨房か。


Highslide JS


明るい廊下。
壁は落書きだらけ。
やっぱりアクセスが良いし、屋根もあるので、侵入者が絶えないんだと思う。
まぁ、俺のそのひとりだけど。


Highslide JS


奥まで進むと外に出られる。


Highslide JS


この外に出た道をさらに進むと洞窟があった。
割としっかりとした階段があるんだけど、さすがに入ろうとは思わなかったよ。


Highslide JS


ホテルの内部をさらに探索。
すると巨大な石灰岩が現れた。
大きな窓を取り付けて、きっと観賞用にするつもりだったんだろうな。


Highslide JS


階段を上る。


Highslide JS


屋上に出られた。
遠くに見えるのが中城城の跡。


Highslide JS


廃墟を出て中城城の跡地へ。
琉球の城はやっぱり壁面が屈曲しているんだね。
街並みや海も見えて、展望は悪くない。


Highslide JS


万座毛。
遊歩道は人が多すぎだったので、5分くらいで撤収した。


Highslide JS


宿に向かう途中に海沿いのパーキングエリアで休憩。
やっぱり海の色が違うね。
空は曇っているのに、それでも水色。


Highslide JS


宿に到着。
近くに店が何もなかったので、コンビニを使ってしまった。
一応、沖縄名物のタコスライスと泡盛を買ったよ。


Highslide JS


翌日は早起きして、美ら海水族館へ。
このメインの水槽はすごかった。
とにかくデカいし、サメやマンタが悠然と泳いでいる。
超有名な水族館なので、写真はこれだけで良いかな。


Highslide JS


隣の植物園にも行ったよ。
胡蝶蘭の時期なのか、白だけでなく、赤やピンクの蘭も咲いていてきれいだった。

この後は他の城(グスク)や陶器で有名なやちむん里にも行ったが、正直、大したことなかった。
お湯割りを飲むための焼酎カップでも買おうかな、と思ったけど、5000円くらいしたので、やめた。
だって、リサイクルショップで大量生産品を200円くらいで買えるからね。

その後、レンタカーを返して、夕食を食べて、旅はおしまい。
明日は11時の飛行機で帰るよ。
なので、夕方には家に着くだろう。

沖縄旅行で感じたのは、自分が日本人であることを先に主張した方が良い、ということ。
外国人観光客があまりにも多いので、黙っていると言葉が分からないと思われ、張り手のように手をパーに突き出されて、「500円!」のようにぞんざいな言い方をされるんだよね。
しかし、俺は外国人じゃないので、これをやられるとイラッとする。
客に挨拶もせず、敬語も使わず、開口一番で金を要求してくる訳だからね。

しかし、これは俺が外国人かどうか分からないから、やられる訳で、あらかじめこっちから挨拶すれば、防げる。
日本語の発音で日本人だと言うことが分かるだろからね。

そうすれば、「いらっしゃいませ、大人一枚で500円です。」という普通の対応になるよ。
これは本当に沖縄旅行のコツだと実感した。

コメント(6)

コメント一覧

1. さじ  2017-12-31 00:54:04 [編集] [削除]

こんにちは。

廃墟だと、夕張とかもいいですね。
町に入った瞬間に空気が変わる感じもなんとも。

こんにちは。

廃墟だと、夕張とかもいいですね。
町に入った瞬間に空気が変わる感じもなんとも。

2. ゴン  2017-12-31 01:45:02 [編集] [削除]

退廃的な雰囲気がたまりませんね。寂しいような懐かしいような不思議な気分になります。

退廃的な雰囲気がたまりませんね。寂しいような懐かしいような不思議な気分になります。

3. 読者D  2017-12-31 07:59:14 [編集] [削除]

廃墟巡りが好きだそうですが、被差別○落巡りは興味はありますか?

廃墟巡りが好きだそうですが、被差別○落巡りは興味はありますか?

4. 青辰  2017-12-31 09:20:24 [編集] [削除]

独身、ぼっちですが、青猫さんのアグレッシブルな行動力には、勇気付けられます。

外へ出ようという活力がでますよ。

独身、ぼっちですが、青猫さんのアグレッシブルな行動力には、勇気付けられます。

外へ出ようという活力がでますよ。

5. だお影  2017-12-31 23:17:08 [編集] [削除]

完全に消えてしまえーーッ!
キフリーーー!!

完全に消えてしまえーーッ!
キフリーーー!!

6. 青猫  2018-01-01 16:01:34 [編集] [削除]

>さじ さん
夕張は町全体が廃れていて廃墟感があるみたいですね。
いつか行ってみたいです。


>ゴン さん
そうなんですよ。
栄えていたものでも、いずれ朽ちていきます。
そう考えると人間どうしの競争なんて、無意味なものに思えるんですよね。
どうせいつかは滅びゆく身なんですからね。


>読者D さん
今でも部落の名残がある場所ってあるんですかね。


>青辰 さん
はい、実際、他人の目を気にしなければぼっちが一番、気楽で良いですよ。
まずは、初詣にぼっちで出かけて、旨い飯でも食べましょう。

>さじ さん
夕張は町全体が廃れていて廃墟感があるみたいですね。
いつか行ってみたいです。


>ゴン さん
そうなんですよ。
栄えていたものでも、いずれ朽ちていきます。
そう考えると人間どうしの競争なんて、無意味なものに思えるんですよね。
どうせいつかは滅びゆく身なんですからね。


>読者D さん
今でも部落の名残がある場所ってあるんですかね。


>青辰 さん
はい、実際、他人の目を気にしなければぼっちが一番、気楽で良いですよ。
まずは、初詣にぼっちで出かけて、旨い飯でも食べましょう。
にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりぼっち日記へ

コメントする

新規コメント投稿
名前
メールアドレス
URL
パスワード(*1)
本文

 (*1) パスワードを入力すると、あとでコメントの編集や削除ができます。