スポンサード リンク

2018-10-05 テレビゲームにおける表現

年末旅行のルートに岐阜レトロミュージアムを加えることにした。
あんまりそっちの方まで行く機会がないので、レアスポットの取りこぼしがないようにしないと。
あー、早く年末旅に出たい。

そういえばあんまりゲームをやらなくなったな。
トゥームレイダーの途中で止まっている。
理由はあんまり面白くないから。

貧乏性なので、やりかけのゲームを捨てることができないため、つまらないゲームを引き当てると停滞してしまう。
やっぱり俺の趣味嗜好的には、もっとキャラクターがアニメ寄りの方が良いな。

アンチャーテッドのときも思ったけど、ひとつの財宝を手に入れるために100人以上は人を殺さないといけないので、精神的な抵抗がある。
キャラクターがアニメ化されているとその辺の表現がうまく抽象化されるんだけど、トゥームレイダーのようなリアルなゲームになると、放った矢が人の頭を貫き、苦しみ悶え、血を流して息絶える、という表現になるからね。


前にやっていたニーアオートマタにしてもアイテムを手に入れるために、イノシシやシカを殺す必要があるんだけど、動物は襲ってくる訳でもなく逃げ回るだけで、刀で切りかかれば、断末魔の叫びと共に潜血が一面に広がる、という表現になる。
ゼルダあたりでも動物を殺さないといけないけど、ボンという破裂音と共に突然、肉になるので、殺している実感は湧かない。

襲ってこない人間や動物をプレイヤーの意図で積極的に殺害する、という行為に対してテレビゲームとしてどのような表現にするか、って結構、難しい問題な気がするよ。

今後、プレイする作品としては、積極的に人殺しや動物殺しが必要なゲームは避けようかな、と思う。
正直、あんまり気分の良いものでもないからさ。

コメント(2)

コメント一覧

1. 通りすがりの燻銀  2018-10-06 18:19:10 [編集] [削除]

その辺がeスポーツというものを認められないのかも
ですかね。
ニーアはやったことがありませんが、DODの系列みたいで、
シナリオその物が暗そうですね。

その辺がeスポーツというものを認められないのかも
ですかね。
ニーアはやったことがありませんが、DODの系列みたいで、
シナリオその物が暗そうですね。

2. 青猫  2018-10-06 19:26:00 [編集] [削除]

>通りすがりの燻銀 さん
eスポーツは戦争ものを除外しないと世間の目はかなり厳しいものになりそうですね。
ニーアは暗い、というか中二病みたいな世界観ですよ。

>通りすがりの燻銀 さん
eスポーツは戦争ものを除外しないと世間の目はかなり厳しいものになりそうですね。
ニーアは暗い、というか中二病みたいな世界観ですよ。
にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ

コメントする

新規コメント投稿
名前
メールアドレス
URL
パスワード(*1)
本文

 (*1) パスワードを入力すると、あとでコメントの編集や削除ができます。