安芸ひとり旅(12月30日)

(旅のルート: 計測中
A.来島海峡サービスエリア → B.大山祇神社 → C.千光寺公園駐車場

  

Highslide JS
昨日はスケジュールに無理がありすぎて、来島海峡サービスエリアに到着したのは深夜1時半くらいになってしまった。
しかし、それにも関わらず全然、眠れない。
自分の存在意義を問いただす禅問答がはじまってしまったからだ。

Highslide JS
結局、眠りに着いたのは午前3時頃だった。
今朝、目が覚めたのは7時半くらい。

憂鬱感に押し出されるように、来島海峡大橋を渡り、大島を目指した。

Highslide JS
亀老山展望台に到着。
朝も早いせいか誰もいなかった。

Highslide JS
展望台から。
朝日が海面を照らして、とてもきれいだった。

Highslide JS
しまなみ街道に架かる橋を眺める。
景色はすばらしいが海からの強風に吹き付けられて寒い。
早々に退散した。

Highslide JS
伯方島をに降りると、いたるところにイヨカンが栽培されている。
寒々とした山肌にオレンジ色は映える。

Highslide JS
伯方は塩が特産物なんだよ。
ラーメン屋さんの三和で塩ラーメンを頂く。

Highslide JS
スープはあっさりで細麺。
寒さも後押しして、すごく美味しかった。

Highslide JS
天照大御神のご兄弟であり、日本建国の祖である大山積大神が祀られた神社だ。
日本の国土全体を守って下さっている偉い神様なんだよ。

Highslide JS
シナチョンから国土を御守りください、とお願いしておいた。

Highslide JS
生口島で降りて、ありきたりな商店街を歩く。

Highslide JS
すると突如、異様な雰囲気すら漂うお寺が出現した。

Highslide JS
昭和初期の実業家が母のために建てたお寺なんだって。

Highslide JS
その建造物の数々は全国の有名社寺を模して作られている。

Highslide JS
ひときわ立派なこの門は日光東照宮を模して作ったものらしい。
すごすぎるだろ。
徳川家康に対抗しようなんて普通は考えないよね。

Highslide JS
成金趣味だよね。
はっきり言って胡散臭くて気味が悪かった。

Highslide JS
さらに進むと風景は一変し、白の一色になった。

Highslide JS
右手にはカフェテラスまである。
その全てが白の大理石だ。

Highslide JS
ここの参拝料は1200円で駐車場代と合わせると1700円だ。
感想はただ一言、悪趣味。

Highslide JS
本州に渡り尾道へ。

Highslide JS
山肌に張り付くように家々が並んでいる。
長崎のそれと似ているかも。

Highslide JS
木々の空間から尾道らしい景色を眺める。

Highslide JS
山頂付近にある千光寺。
尾道は文化人に愛され、映画のロケ地にも度々、なっている趣がある街なのだ。

Highslide JS
3重の塔と町並み。
風情があるよ。

Highslide JS
麓に向かって歩く。
なんだか凄くノスタルジックな気分になるよ。

Highslide JS
いたるところに狭い路地が存在する。
探索するのも面白いかもしれないね。

Highslide JS
帰りは面倒なのでロープウェイで戻ることにした。

明日は、旅の目的地である厳島神社に向かう。
当は元旦に到着する予定だったんだけど、四国の滞在時間が短かったので、大晦日になってしまった。

明日へ続く


感想

TODO:感想を書く