安芸ひとり旅(12月31日)

(旅のルート: 計測中
A.奥屋パーキングエリア → B.原爆ドーム → C.宮島口(厳島神社へのフェリー乗り場)

  

Highslide JS
昨夜、小雨が降る中、サービスエリアで23時頃に就寝。

Highslide JS
フロントガラスが凍りつくほどの寒さだったが、目が覚めたのは7時半だった。
8時間半も熟睡してしまった。
旅も終盤に差し掛かり、疲れが溜まっていたのだろう。

Highslide JS
広島市内は霧に包まれていた。
朝日が霧を照らし、幻想的な雰囲気を作り出していた。

Highslide JS
原爆ドーム。
戦争で志半ばで命を絶たれた人達を思うと、自分がいかに恵まれた世界に生きているか実感する。

Highslide JS
路面電車。
神奈川県に住んでいると馴染みがないんだけど、高松にもあったし、割と残っているんだね。

Highslide JS
慰霊碑と資料館。
手を合わせて戦争の犠牲になった人達の冥福を祈る。
自分はこうして命があるのだから、努力して生きないと先人に申し訳ないな、と思った。

Highslide JS
快晴の中、宮島を目指す。
まだ朝も早いので、市街地の道路も空いており快適だった。

Highslide JS
駐車場にクルマを停め、宮島へは船で渡る。

Highslide JS
10分くらいで宮島に到着。
参道を歩いて、厳島神社を目指す。

Highslide JS
宮島には鹿がたくさんいる。
観光客の土産袋を追いかけまわしている鹿もいれば、こうして気持ちよさそうに寝ている鹿もいる。

Highslide JS
有名な鳥居が見えてきた。
時間的に満潮の頃だったから、海に沈んでいるけど、干潮のときに訪れれば、鳥居の下をくぐることもできるんだよ。

Highslide JS
大晦日だというのに凄い人だった。

Highslide JS
社殿が海に浮かぶ様子は幻想的なんだろうけど、ちょっと潮が引いてしまった。
残念。
厳島神社に行くときは、干潮か満潮の頃をピッタリ狙って訪れのが良さそうだ。
ちょっと中途半端な時間になっちゃったかな。

ともかく、旅はこれでお終い。
時計を見ると13時頃だった。

高速に乗り、家路を急ぐことにした。

ラジオから流れてくる紅白歌合戦を聞きながら、思った。
お正月はこれからの生き方について考えよう。

11時間かけて、0時頃に最寄りの厚木インターに戻ってきた。

旅ページのトップに戻る


感想

TODO:感想を書く