能登半島ひとり旅(5月1日)

(旅のルート: 計測中
A.杉津パーキングエリア → B.金沢駅 → C.湯沸温泉 → D.西岸駅 → E.千枚田

  

Highslide JS
昨夜、日記を更新した後、石川県を目指す。
途中の杉津パーキングエリアに到着したのは0時頃だ。
ここから残り100Km程度。
すぐに眠り、今朝、起床したのは6時半くらい。

Highslide JS
まだ雨は降っていないけど、これは時間の問題だな。
いつ振ってきてもおかしくないよ。

Highslide JS
昨夜は鯨の缶詰しか食べていないので、お腹が減った。
途中のサービスエリアによる。

Highslide JS
朝定食を注文する。

Highslide JS
まどの外からは日本海が見える。
数日前までは太平洋側にいたんだけどな。
良い景色を見ながら食べる朝食は旨いよ。

Highslide JS
金沢市に入る。
9時くらいなので、道路は空いていた。
これがもう少し早い時間だと通勤ラッシュになるし、もう少し遅いと店が開き始めるので混んでくる。
ベストな時間帯なのだ。

Highslide JS
近くの映画館に到着。
そう、俺は映画を見ることにしたのだ。
石川県で見るなら、これしかない。
花咲くいろは劇場版だよ。
神奈川県だと川崎まで行かないと上映されていないので、見るなら今しかないよ。

Highslide JS
しかも今日は1日なので1000円なのだ。

Highslide JS
チケットを買うと特典で色紙をくれた。
うおおおおお!!
オタの俺、歓喜!
みんち、ぺろぺろ。
ほびろん、ほびろん!

Highslide JS
上映開始まで少し時間があるので、金沢駅の周辺を散歩する。
これは金沢駅。
立派だね。

Highslide JS
そして、上映開始時刻になる。
俺が写真を撮ると、他の人も写真を撮り出す。
そうすると、また別の人が釣られる。
人間の心理ってのは面白いね。

Highslide JS
映画を見終わって、次は聖地巡礼の旅に出る。
メーデーだからか市街地は大渋滞だった。

Highslide JS
金沢駅付近から10Kmも走ると、こんな田舎になってしまう。
地方は都市部から少しでも離れると、信じられないくらい急に田舎になる。

Highslide JS
湯沸温泉に到着。
ここが花咲くいろはの舞台になったところだ。
あの・・・。
ここからしばらく、アニオタにしか分からないところをめぐるよ。
きんもー☆と思いながら、我慢して見てね。

Highslide JS
結名さんと言うキャラクターの実家。
雰囲気はアニメに近いね。

Highslide JS
一見、普通の温泉街だよ。

Highslide JS
稲荷大明神に到着。
ここは地図に載っていなかったので、探すのに少し手間取った。

Highslide JS
とうのはこれはアニメありきで後付けで作られた御神体だったと思う。
鳥居の朱色がやけに新しいでしょう。
この温泉郷はアニメの中で催されている「ぼんぼり祭り」をリアルに開催したりと、随分、アニメに友好的なのだ。

Highslide JS
願掛けも新しいよ。

Highslide JS
きんもー☆
だが貴様は同志だ。
30歳過ぎても、その純粋の心を忘れるな、とキモオタ先輩は思ったのである。
みんちは俺が貰った色紙に書いてあったキャラクターね。

Highslide JS
絵が書ける人って良いよな。
うますぎてP.AWorksの人か、って思ったよ。

Highslide JS
近くには池があった。
アニメではここに緒花たちが働く喜翆荘があるのだ。

Highslide JS
雨に塗れた桜もきれいだよね。

Highslide JS
西岸駅に到着。
ここに来て狙ったかのように天気が回復してきた。

Highslide JS
駅舎に入ると、緒花ちゃんがアニメでは滅多に見せない表情で迎えてくれた。
この子が主人公なんだよ。
読んでいる人は誰も興味がないと思うけど。

Highslide JS
オープニングにも登場するし、劇中でも頻繁に登場する駅。
看板に「ゆのさぎ」って書いて歩けど、ここは西岸駅なんだよ。
ほとんどの人はアニメの事情は知らないので、どうして二つの駅名の看板があるのか混乱しないのかな。

Highslide JS
とは言っても、こんな地方の駅は地元の人しか利用しないから、別の名前の看板が立てられても当然のように西岸駅なんだろうな。

Highslide JS
西岸駅はアニメでは「ゆのさぎ駅」なのだ。
古く見せかけた看板が置いてある。

Highslide JS
でも、実際は全然、古くないんだよ。
錆のように見えるけど、これは絵だよ。
よく見ると、真新しい。

Highslide JS
巡礼の旅も終わり、千枚田ポケットパークへ。

Highslide JS
海沿いに棚田が広がる珍しい光景だよ。
海風に晒されても稲は育つんだな。

Highslide JS
天気が良かったら空の青が写りこんできれいだろうね。

Highslide JS
駐車場には葉桜があった。

Highslide JS
葉桜も風情があって悪くないよな。
新緑の緑と良く調和している。

Highslide JS
雨と海から吹き荒ぶ強風に耐えながら棚田の周辺を歩く。
寒すぎだよ。
気温は7℃しかない。
真冬並みの寒さだ。

Highslide JS
海は大荒れだった。
寒さで耳が痛くなる。
すぐに退散した。

Highslide JS
来るとにパスした千里浜なぎさドライブウェイに到着。
夕日を見るためにあえて夕方にしたんだよ。
雲の色が幻想的でしょう。

Highslide JS
この砂浜は砂の粒子が細かいため、ぎっしりと詰まっていて硬い。
なので、自動車でも走ることが可能なのだ。

Highslide JS
夕日の赤と空の青がコラボレーション。
今回の旅、最大の美しい光景かもしれない。

Highslide JS
オフィシャルのポスターにしても良いくらい。

Highslide JS
沈む夕日を最後まで眺める。
心が洗われるような気分になった。

明日に続く。