タイ・カンボジアふたり旅(5月1日)

(旅のルート: 計測中
A.モーチットバスターミナル → B.ポイペト(国境) → C.シェムリアップ

  

Highslide JS
今日はカンボジアへの移動日。
モチット北バスターミナルに到着。

念には念を入れて出発の1時間半くらい前にやってきた。

Highslide JS
すごく大規模なバスターミナルで、まるで駅のよう。
日本にこんなに大きなバスターミナルってないんじゃないかな。

Highslide JS
早朝からたくさんの人たちがバスを待つ。
そして、今日も8時なると、何かの放送が流れ、人々が一斉に起立を始めた。

Highslide JS
たくさんのバスがターミナルにやってきては去っていく。

Highslide JS
シェムリアップ行きのバスが来たので、乗り込む。

Highslide JS
バンコクの渋滞は酷く、4時間くらいかけて国境に到着した。

ここでトラブルが発生。
RYOUの出国カードが見つからない。

途方に暮れたが、近くにいたスタッフに聞いたところ、200バーツを支払えば出国カードを作成してくれると言う。

金で解決できて、ほっと胸を撫で下ろしたよ。

Highslide JS
タイの出国が無事に終わり、次はカンボジアに入国する。

Highslide JS
カンボジアのイミグレーションまでが遠いんだよね。
汗だくになりながら、重たい荷物を持って歩く。

Highslide JS
カンボジアに入国を済ませたが、バスが見つからない。
右往左往したが、結局、国境の内側で待機していた。

乗ってきたバスは色や形、そしてナンバーなどの特徴をよく覚えておかないとダメだね。
危うく、バスを見失うところだった。

Highslide JS
カンボジアに入ると、急速に景色は田舎になる。
畑が地平線まで広がっていた。

Highslide JS
18時頃、シェムリアップに到着。

Highslide JS
バスを降りたところにツアー会社?があり、そこで帰りのチケットを購入した。
twitterで日本人が経営しているゲストハウスに手配をお願いしようと思っていたけど、不要になったよ。

バスだけじゃなく、明日からのトゥクトゥクもここで手配した。

Highslide JS
手配した、といえば聞こえは良いけど、実際には売りつけられた、と言う方が正しい。
しかし、今回の旅は日程も限られているし、ふたりで割れば半額なので、多少、値段は高かったが妥協してしまった。

Highslide JS
ゲストハウスに到着。
ここが最悪で、エアコン付きの部屋を予約したのに壊れていた。

代わりの部屋もないそうで、二日間、熱帯夜に苛まれることになったよ。

Highslide JS
一息付いた後、夜の街を徘徊する。
シェムリアップは基本的に町全体が薄暗いんだよね。

Highslide JS
結構、日本人経営の店が多いようだった。

Highslide JS
日本語のメニュー。
もちろん、オーナーも日本人だったよ。

ときどき旅行で来るなら良いけど、こんなに一年中暑い国に住みなくないよ。

でも、もしかしたら長時間労働で神経をすり減らす日本よりも、大らかな東南アジアで暮らす方が幸せなのかもしれないね。

Highslide JS
夕食を取る。

ほとんど食事らしい食事を取っていなかったので、最高に旨かったよ。
この日のビールの味は忘れられないかもしれない。

Highslide JS
ナイトマーケットを散策する。

Highslide JS
バーや露店が並び、大賑わいだった。

Highslide JS
絞りたてのシェイクが1ドルで売っている。

Highslide JS
ドラゴンフルーツを注文した。
冷たくて美味しい。

明日は日の出をアンコールワットで見る予定なので、早めに解散した。
といっても、23時頃だけど。


明日に続く