秋の箱根

(旅のルート: 計測中
A.箱根ターンパイク → B.ビューラウンジ → C.芦ノ湖 → D.お玉が池 → E.箱根旧街道 → F.精進池  → G.ロープウェイ廃墟入口 → H.千石原小学校 → I.ススキ群生地 → J.金時山登山口

  

Highslide JS
9月29日。
この日は親父に金を盗まれた日。
だから2週間前の土曜日なる。

暑くて一日だけ夏が戻ってきたような日だった。

Highslide JS
朝の気分は最高だったんだよな。
帰ってきて、水道料金の引き落とし不可の通知を見るまでは。

Highslide JS
一時間もかからず、箱根ターンパイクに入る。
箱根は家から近いから、免許を取ったばかりの頃、よく来た。

Highslide JS
箱根ターンパイクから麓を見下ろす。
見えるのは、湘南海岸だ。

Highslide JS
箱根ビューラウンジに到着。
紅葉もまだ始まっていないので、空いている。

Highslide JS
橋を渡って、見晴らしの良い方に向かう。

Highslide JS
芦ノ湖が見えた。
エヴァで言えば、使途ラミエルが浮かんでいたところだよ。

Highslide JS
箱根ターンパイクを下り、芦ノ湖の湖畔に向かう。

Highslide JS
快晴で気持ちがいい。

Highslide JS
お玉が池に向かう。
市街地のあたりは道路が混む。
箱根は交通量が多いんだよ。

だから家の近所にも関わらず、あんまり来ない。

Highslide JS
昔、江戸に奉公に出たお玉という若い女性が仕事が辛く、郷里の伊豆に帰ろうとした。
しかし、箱根の関所破りに失敗して、ここで処刑されたことから、お玉が池という名前がついている。

江戸から箱根までの道のりも相当、大変だったんだろうに、ここまで来て無念だったと思う。

Highslide JS
これが双子山。
ヤシマ作戦でここからラミエルを撃った。
エヴァ前半の最大の見どころだと思う。

Highslide JS
電線を撮る。
なんとなく、エヴァっぽいから。

Highslide JS
お玉が池を横目に山を下る。

Highslide JS
15分くらい歩いたところで、箱根旧街道に到着。

Highslide JS
江戸時代の趣を残す旧街道。

この石畳が出来るまでは、箱根の道は悪く、雨上がりには膝まで泥に浸かってしまう有様だった、とテレビでやっていた。

Highslide JS
精進池に到着。

同じ池でも、なんか茶色できたない。

Highslide JS
泥水だよ。
池の底は完全に泥だった。

Highslide JS
ロープウェイの廃墟を目指すことにする。

昔から行ってみようと幾度となく思っていたんだけど機会がなかったんだよな。

Highslide JS
通行止めの看板を平気で超える。

Highslide JS
道すがら芦ノ湖が見えた。

Highslide JS
役目を終えた道路は木や雑草に覆われて、道幅が狭くなっている。

Highslide JS
もう30分くらい歩いた。
思ったよりも遠い。
ずっと上り坂なので、疲れてくる。

Highslide JS
ようやく到着。

Highslide JS
事前の情報では柵はないはずだったんだけどな。
気にせず乗り越える。

Highslide JS
この上なのか・・・。
登っても、もしかしたら無いかもしれない。

この急斜面を目の前にして、完全に嫌気がさしてしまい、引き返すことにする。

Highslide JS
暑い。
途中で道に座り込む。

誰もいない。
何も聞こえない。

廃道で一人きりだ。
世界に自分だけが取り残されたような気分になる。

Highslide JS
結局、廃道歩きに1時間半も使ってしまった。

仙石原小学校に到着。
シンジ達が通う中学校のモデルになったはずなんだけど、全然、違う気がする。

Highslide JS
プールもあったが、やはり面影ない。
モデルになったなら、グラウンドから見上げたところにプールがないとおかしい。

Highslide JS
千石原のススキ群生地に到着。
観光客が多い。
ススキの見ごろにはまだ、大分早いんだけどな。

Highslide JS
一面のススキ。
これだけ集まると迫力がある。

Highslide JS
ススキと秋のウロコ雲が似合う。

Highslide JS
金時山に到着。

Highslide JS
ここから75分の登山をすれば、 「私達の町よ、そしてあなたが守った町」と夕暮れのなかミサトさんと見た風景が見れる。

10分くらい登ったところで、面倒くさくなって引き返す。
なんかグダグダだよ。

Highslide JS
雨、逃げ出したあと、でシンジが行った大涌谷に行こうと思ったけど、過去に5回くらい行っているので、帰ることにした。

フラッと出かけたはいいが、終始グダグダだった。


感想

家に到着したのは、17時頃。
水道料金引き落とし不可の通知来ていた。
親父に金を盗まれたことを知り、落胆する。
そして、親父に電話をするがつながらず、それから2週間、未だに帰ってこない。

そのせいで遅れに遅れてようやく旅ページを作れた。
はぁ。
今、日曜日の23時。
休日の終わりで憂鬱だ。
はぁ、溜息しか出ない。
終わり。