秋の山梨

(旅のルート: 計測中
A.宮ケ瀬湖 → B.道志ダム → C.山中湖 → D.河口湖 → E.もみじ回廊 → F.忍野八景 → G.鳴沢氷穴

  

[写真/宮ケ瀬湖]

6時半に家を出て、7時頃に宮ケ瀬に到着。
快晴で、気分が良い。

[写真/愛車スカイラン]

今日、クルマで来た理由は10年来の愛車スカイラインと最後の旅をするためだ。
距離13万Km、エアコン故障、パワーミラー故障、ラジオアンテナ故障、屋根の塗装ハゲなど、もう限界に近い。
フィリ○ンりゅう学前に愛車を手放そうと思っているので、今日がこいつとの最後の旅行になるかもしれない・・・。

[写真/道志ダム]

宮ケ瀬を早々に出発して、道志ダムに到着。
とても小さなダム。

[写真/奥相模湖]

貯水池の奥相模湖。
ゴミが凄い。

[写真/奥相模湖の反対側]

奥相模湖の反対側(ダムから放水する方)です。

[写真/山中湖]

山中湖に到着しました。
紅葉していてきれいです。
しかし、ついてない。
本当ならここから富士山が一望できるはずが、雲がかかって全然見えない。
しかも、富士山の方からゴロゴロと雷鳴が聞こえる。

[写真/山中湖畔のもみじ]

山中湖の湖畔を歩くと、もみじが丁度見ごろです。 すばらしいです。
きてよかった。

[写真/河口湖駐車の入り口]

次は河口湖へ。
しかし平日にも関わらず駐車場が満車。
平日でこれなら、土日はどうなるんだろう。

[写真/河口湖]

河口湖畔。

[写真/もみじの落葉]

落葉したもみじ。
これはこれで風情がある。

[写真/もみじの回廊]

紅葉回廊。
ここは有名どころだからか、人がとにかく多い。
ファミリー、カップルがたくさん。
普通に小学生とか中学生くらいの子供もたくさんいるんだけど、学校休ませて旅行してるのか。
俺の子供のときだったら考えられない。

[写真/もみじの回廊2]

これは見事だ。
有名なだけあるな。

[写真/もみじの回廊2]

少し天気が悪くなってきた。
少し青みが残ったもみじも中々、きれいでしょ。

[写真/忍野八景]

ほんとはこの後、富士山の絶景スポットを回ろうかと思ったけど、曇で見えないため、忍野八景へ。
もともと、この場所は湖だったのだけど、枯渇して残ったところが忍野八景だそうだ。

[写真/忍野八景2]

湧水は非常に澄んでいる。

[写真/湧池]

忍野八景のうちのひとつの湧池は水深が5メートルほどある。
青みがかかっていて、神秘的。
これは一見の価値あるよ。

[写真/鳴沢氷穴]

万年氷が見られるという鳴沢氷穴へ。
洞窟って、わくわくする。
平日で人も少ないし、これはいい。

[写真/鳴沢氷穴2]

うおお!
これは凄い。狭いし、真っ暗。

[写真/鳴沢氷穴2]

とにかく狭い。
ずっと屈み続けないと先に進めない。
狭すぎて不安になるくらい狭い。
しかし、残念なことに氷がない。後ほど案内を見ると、11月頃が一番氷の少ない時期なんだそうだ。
なるほど、どうりで空いている訳だ。


一人で行っても寂しくない度 (☆3が満点!)

評価: ☆☆

紅葉スポットは平日だというのに、カップルと家族連れが多い。
やっぱり旬の観光名所は仕方ないか。
しかし、時期からはずれた洞窟はがらがらだった。
調べてみると、富士山周辺には、このような洞窟がたくさんあるという。
なるほど、次は洞窟巡りも楽しそうだな。