スポンサード リンク

2011-05-18 アウトソーシング会社に正社員で入る意味ってないかも

大きな会社なら案件が豊富で仕事にあぶれる可能性が少ないはず。
俺はそう考えて大手のアウトソーシング会社をメインに就職活動をしている。
しかし、アウトソーシング会社の人事や営業と話していると疑問に思うことが多い。

例えば、
「ウチから派遣に行って、大手企業に引き抜かれる方もいらっしゃいますよ。」とか
「派遣先として紹介するA社さんは、将来的には直接雇用も視野に入れています。」とか
これって、つまり、アウトソーシング会社は社員を長期的に雇用するつもりがないと言っているのと同じことだ。

そんな会社に正社員で入ってどうすんの? という疑問がふつふつと湧いてきている。
正社員で採用される意味が全くない気がする。

それなら、最初から自社製品を持っていたり、受託開発をやっている会社に絞って就職活動する方が良いにきまっている。

俺が内定を貰っている、C社もlp社も大手のアウトソーシング会社である。

俺はコミュニケーション能力がないので、派遣先の企業からヘッドハンティングされることなんて、まずありえない。
アウトソーシング会社を大手企業への橋渡しとして活用することなんて一切期待できない。
そもそも俺はまともな大学も出ていないし、英語も挫折したので尚更だ。

今日はlp社の営業と派遣先企業へ面接に行ってきた。
家に帰るとすぐに電話がかかってきて、是非、お願いしたいと言われた。
派遣先からOKが出たので、明日、lp社の役員面接を受けて、合格すれば正社員雇用するとのこと。
でも、長期的な雇用を考えていないなら、lp社に入社するにあたり契約でも社員でも大して変わらない気がする。

アウトソーシング会社は社員を育ること、長期的な戦力にすること、の意識があまりにも小さいと感じてしまう。

他の人の無職ブログを見ると、バイトでも不採用になっている人がいっぱいいるので、俺はわがままだなと思う。
これも嫌、あれも嫌だと前に進まない。

明日は午前中にN社を受けて、午後にlp社の役員面接(3次面接)を受ける。
やっぱり自社開発センターを持つN社に入るのが一番、幸せな気がする。

アウトソーシング会社は人の出入りが激しく内定が出易いから、後回しにすれば良かった。

コメント(0)

コメント一覧

コメントはありません

にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ

コメントする

新規コメント投稿
名前
メールアドレス
URL
パスワード(*1)
本文

 (*1) パスワードを入力すると、あとでコメントの編集や削除ができます。