スポンサード リンク

2019-09-30 上期終了

いわゆる民間企業で言うところの上期が終了した。
これまでの4人体勢から、遂に2人体勢になり、製品が完全にオワコンに向かうのを見届ける役割になってしまった。

明日からはちょっとした機能追加に着手するけど、ひとりで作るので、多分、1か月くらいかかりそう。
その間に障害が発生したら割り込みで対応する、という感じになる。

そういえば、今日の帰りにファミリーマートに寄ったら、トイレットペーパーとティッシュペーパーが大量に売られていたよ。
なんだこれ、と思ったけど、明日から増税なので買い溜め特需を狙ったものだと思う。
へー、と思って買っていく人を見ていたら、現金で支払っていた。

なんでだよ。
d払いにすれば20%も戻ってくるんだけど・・・。
2%拘って買い溜めするのに20%還元の機会を捨てる発想が分からん。

それにトイレットペーパーなんて12個入りで300円くらいだからね。
場所を取るし、買い溜めしたってほとんど節約効果はないでしょ。

俺は特に何も買い溜めしなかったよ。
買い溜めしようか、と悩むことすらなかった。

だけど、10月5日のペイペイ20%還元は何か買うものがないか少し悩んでいる。
そういえば、オーブントースターがボロすぎて引っ越しのときに捨てたので、この機会に買いたい。

あとセブンイレブンで売っているボクサーブリーフの履き心地が良かったので、これを10個くらいまとめ買いしようと思っているよ。それくらいかな。

コメント(4)

コメント一覧

1. パルキマイラ  2019-10-01 08:48:57 [編集] [削除]

ウチの母親が増税前だからって、あわてて買いだめ・・・。買った物見てみると全部持ち帰りの食料品www・・・??!
そしてクレカ持ってるのに支払いは現金・・・もはや縁日の祭り。

ウチの母親が増税前だからって、あわてて買いだめ・・・。買った物見てみると全部持ち帰りの食料品www・・・??!
そしてクレカ持ってるのに支払いは現金・・・もはや縁日の祭り。

2. たかし  2019-10-01 09:49:23 [編集] [削除]

日本人ってほんとバカなんだな

日本人ってほんとバカなんだな

3. 外法様。  2019-10-01 22:20:42 [編集] [削除]

消費税って、確か平等に税金が取れるというはずだったのに、
軽減税なんてやるから逆に格差が生まれて、システムや余計に人件費がかかって、アホなの?って思います。
無理やりキャッシュレスに向かわせる国のやり方も、無理があるような・・・
ましてや、各種ペイ系を調べるて比べて、招待コードまで発行するなんて、仕事してたら無理じゃないですか?
某く〇げ〇コさんみたいに、無職で暇人しか無理っしょ。

消費税って、確か平等に税金が取れるというはずだったのに、
軽減税なんてやるから逆に格差が生まれて、システムや余計に人件費がかかって、アホなの?って思います。
無理やりキャッシュレスに向かわせる国のやり方も、無理があるような・・・
ましてや、各種ペイ系を調べるて比べて、招待コードまで発行するなんて、仕事してたら無理じゃないですか?
某く〇げ〇コさんみたいに、無職で暇人しか無理っしょ。

4. 青猫  2019-10-01 23:03:45 [編集] [削除]

>パルキマイラ さん
高還元のクレジットカードで買うだけで、常に1.2%くらい戻ってきますからね。
まぁ、本人もお祭りだと思って、ストレスを発散しているのかもしれませんよ。


>たかし さん
頑ななまでの現金主義、まじで謎です。


>外法様。 さん
新聞が軽減税率の対象になっているのが謎ですよね。
欧州みたいに標準税率と軽減税率で2倍以上の開きがあるならまだしも、8%と10%じゃあ対して変わらないのに複雑化させるって意味不明です。
ペイ系もいっぱいあって、分かり難いし。
電子マネーの高還元が収束したら、一気に現金第一主義に巻き戻る気配が満々ですよ。

>パルキマイラ さん
高還元のクレジットカードで買うだけで、常に1.2%くらい戻ってきますからね。
まぁ、本人もお祭りだと思って、ストレスを発散しているのかもしれませんよ。


>たかし さん
頑ななまでの現金主義、まじで謎です。


>外法様。 さん
新聞が軽減税率の対象になっているのが謎ですよね。
欧州みたいに標準税率と軽減税率で2倍以上の開きがあるならまだしも、8%と10%じゃあ対して変わらないのに複雑化させるって意味不明です。
ペイ系もいっぱいあって、分かり難いし。
電子マネーの高還元が収束したら、一気に現金第一主義に巻き戻る気配が満々ですよ。
にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ

コメントする

新規コメント投稿
名前
メールアドレス
URL
パスワード(*1)
本文

 (*1) パスワードを入力すると、あとでコメントの編集や削除ができます。