だお影、RYOUと行く山陰地方旅(12月27日)

(旅のルート: 計測中

  

Highslide JS
7時半頃に家を出る。
まだ帰省ラッシュは始まっていないようで、東名高速は空いていた。
待ち合わせ場所の用賀駅に8時半に到着。

Highslide JS
ここで今回、旅を共にするだお影君を待つ。
本当なら、東京からは4人で出発するはずだったのだが、ふたりもキャンセルが出でしまった。
腹が立ったので、「旅行は中止して、ぼっち旅にする。」と言ったところ、「RYOUさんの気持ちも考えてください。」と怒られてしまった。

人数が減ったにせよ、勝手に旅行の中止を決定しようとした自分自身が恥ずかしくなり、人数は減ってしまったが、予定通り旅行を決行することにしたのである。

Highslide JS
大阪までは約500Km。
年末による高速の渋滞も考慮して、到着予定は21時の予定だ。
道のりは長い。
まずは富士川のサービスエリアで休憩する。

Highslide JS
富士山が見える。
少し雲がかかっているが、その姿はやはり雄大だった。

Highslide JS
工業地帯にそびえる煙突からは煙がモクモクと上がっている。
年末の土曜日でも、働いている人はいるんだよな。

Highslide JS
道路は全く渋滞しなかったので、予定よりも相当早く18時頃には、ホテルに到着できた。
ここは大阪の西成区である。
西成区は日本に残る最後のドヤ街として知られている。

Highslide JS
通りを闊歩する人々の雰囲気が違う。
恐らく、日雇い労働者、生活保護受給者、ホームレス、外国からの出稼ぎ労働者であろう。

今夜、宿泊するホテル ジパングの料金も一泊1750円という安さである。

Highslide JS
周辺を散策する。
飲料水の料金は50円という安さだった。

Highslide JS
中には30円のココアもある。
多分、これほど安い料金設定は日本全国探しても、西成区だけなんじゃないかな。

Highslide JS
近くの居酒屋で夕食にする。

Highslide JS
ここまでまともな食事を取っていなかったので、飯とビールが最高に旨かった。

Highslide JS
体が冷えてきたので、熱燗を注文した。
飲んでみると、辛い。
日本酒と思えない辛さである。

「こんな辛い日本酒、飲んだことないんだけど、どう思う?」
だお影に試してもらう。

「こんなもんじゃないですか?」

どうしても、おかしい。
この辛さと香りはどう考えても焼酎である。
店員のオバサンに言うと、やっぱり焼酎だった。

Highslide JS
お腹を満たしたところでホテルに戻る。
薄暗い廊下を歩き、部屋に向かう。

Highslide JS
1750円の部屋。
驚いたことに掛け布団がこれだけだった。
いくらなんでも、寒すぎるよ。
車中泊用に毛布と掛け布団を積んでいるので、それをだお影君と分け合った。

疲れていたので、23時には就寝。
明日はRYOUさんと合流する。

明日に続く。


感想

TODO:感想を書く